自分の葬儀を自分で選択するためには生前から相談を

葬儀の形式は方法については、一昔前に比べて多種多様になってきました。葬儀自体は密葬や家族葬などで小規模でなおかつしめやかに執り行い、その後お別れの会といった形で、親しかった人をお招きするということも増えています。参列してもらうというよりは、お別れ会は楽しみながらまたにぎやかしく送るといった趣旨で構成されているものも多く、だからこそ「お招きする」という形になるのです。しかしその進行が果たして個人の望みに近いものであったのか否か、遺族は大変悩むものです。

具体的な内容を聞いていたとしても、きっと心に引っかかりを覚えることでしょう。そういった思いを遺族にさせないためにも、少々変わった形で葬儀を執り行ってもらいたいと希望している人は、生前から自分自身で葬儀会社に相談を繰り返し、自分の望みに近いものを決定しておくのがベストです。多種多様な葬儀すべてに対応できるような業者はそうそうあるののではありません。納得できる業者を見つけるまで相談を行い、見つけたらまた詳細に渡る相談をおこない、自分の望みに近いものをあらかじめ依頼しておくとよいでしょう。

一般的なものと違った形にする人は、そこまで生前に済ませています。また自分が主役なのだからと、生前葬を行う人も増えています。それに対応できる業者は限られていますので、そういった希望がある場合にも業者探しから行うべきです。となれば健康でいるうちに着手することが前提になります。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*