まさに人の数だけ十人十色。現代のお葬式のあり方とは

日本ではお葬式というと仏教方式で御経をあげて、お通夜と告別式を隣り合わせの日に執り行って、というスタイルを思い浮かべる人が多いことでしょう。しかし現実的にはお葬式はもっと多様性に富んだものであり、基本的には宗教や宗派、しきたりに縛られることなく、あくまで故人の意思や生前の考え方、そして遺族のお気持ちに沿って形作られていくもの。大切な方の最期のお別れの会でもありますので、思い残すことなく気持ちを込めて執り行うことが重要です。例えば、生前に音楽好きだった方のお葬式であれば音楽葬というスタイルを選択し、生の歌声や会場に故人が愛した音楽を流しながら式次第を執り行う形もあるでしょう。

映画好きだった方であれば一番のお気に入り作品を上映しながらお別れの時を持つという方法もあります。また式の流れに関しても、これといった決まりがあるわけではなく、遺族の意向によって様々なアイディアを盛り込みながら進めていくことが可能です。もしくは生前の元気なうちに最後のお別れをしようと生前葬を選択する方もいて、それも一つのお葬式のあり方として話題となっています。また、多くの参列者を招くとその応対だけでも遺族は大変なもの。

ごく身近な親族だけでゆっくりと送り出すためにも密葬や家族葬を選択する方も最近では増えています。この場合、後日に改めてお別れの会として多くの方を招いての式を開催することも可能ですので、その意味でもお葬式のあり方は人によって十人十色。まずは故人や遺族の考え方を葬儀会社に率直に伝えるところから具体的に詰めていくことが大切と言えるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*