ニーズに合わせたお葬式の形

お葬式は一般的に、通夜と告別式と2日続けて行われ、家族や親族、知人、友人といった故人と生前に親交があった人々が参列します。日本では仏教式で行われることが多く、僧侶を呼んでお経をあげてもらいます。クリスチャンのお葬式は牧師あるいは神父が執り行い、讃美歌を歌うなど仏教式とは違った内容になりますが、前夜式・告別式とやはり2日間行われます。しかし、近年ではこうしたお葬式の形が少しずつ変わってきており、特に家族葬と直葬が増えてきています。

家族葬とは、故人の家族や親族のみで行われるお葬式です。直葬は式は行わず、すぐに火葬するというものです。こうした小規模のお葬式は費用がリーズナブルであることや、大がかりなことはしたくないと希望する利用者が多いことなどが影響しています。無宗教の葬儀も多くなっており、僧侶や牧師といった宗教者を呼ばないで葬儀を行います。

この場合、葬儀というよりも故人とのお別れ会といった趣が強くなります。無宗教の葬儀では、故人が好んだ音楽をかけて送る音楽葬や、故人が好きだった花に囲まれて送り出すもの、家族が手作りで会場のレイアウトや装飾をするなど、独特のものとなっています。このように、従来とは違うスタイルで行う、それぞれのニーズに合わせた葬儀が少しずつですが広まってきているのです。それに伴い、元気なうちに自分の葬儀プランを自分で決めるという生前準備をする人も増えており、たくさんの葬儀社で生前相談が行われています。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*