シンプルなお葬式だからこそプライオリティを大事に

シンプルなお葬式として特に都心部を中心に人気があるのが直葬スタイルです。しかし、火葬場の予約や安置所の確保、骨壷の用意など自分でやらなければならないことも多く、事前の準備が必要です。骨壷については極端に小さなものを除き、形や大きさには決まりはなく、事前に遺族が好きなものを用意することもできますし、多種多様な骨壷をそろえている葬儀社も多いので、その中から予算にあったものを選ぶことも可能になっています。また、骨壷が火葬とセットになっている火葬場もあるので事前に確認しておくと安心です。

しかし、もっともシンプルなお葬式とはいえ、何から何まで遺族が自力でおこなうのはなかなか難しく、思いがけないことで出費がかさんだりすることもあります。幸いなことに、直葬を積極的にサポートしてくれる専門業者も増えてきていますので、お葬式の準備を全て自分で行わなくても、葬儀社に肩代わりしてもらったほうがスムーズにことが運ぶことはその道のプロにお任せする、そんな柔軟な対処法を考えることも大事です。直葬にかかる費用は、仮に専門業者にお願いする場合、火葬場に同行する人数が10名程度であれば、20万円から30万円が目安になります。直葬であってもお経は上げてほしいという遺族も多いですから、僧侶による回向を標準仕様としてプランに組み込んでいる業者が多いです。

それに対して、遺影写真や花束、自宅飾りなどは別途オプション扱いになっています。シンプルだからこそ、自分のプライオリティを何処に置くかをよく考慮することが大事です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*